社会人サークルではじめる婚活
手軽に婚活スタート。身近な出会いがある。
過酷だった婚活の現実

過酷だった婚活女子の現実

婚活費用がかさむ

「婚活は地獄だと思う」という女性は、ある調査の結果で4割を超えていました。

その理由の一つとして「費用がかさむ」というのががあり、セミナーやパーティに参加するためには参加費が必要です。

好みの相手に巡り会えないのに「お金ばかりが無くなっていく」と感じている女性は意外に多いようです。

スポンサーリンク


精神的なダメージ

婚活パーティーで、好みの相手に巡り合えたとしても相手に選んでもらえないことは普通にあります。

相手に選ばれないという精神的ダメージは想像以上に大きいものです。毎回断られ続けていたら、疲労が蓄積されストレスにもなりかねません。

恋愛サイクルが早い

婚活男女の恋愛サイクルは意外に早いものです。「上手くいくか」と思った矢先にあっさり別れたり、アップダウンが激しいケースも少なくありません。

3ヵ月間前後の周期で出会いから失恋までを経験する人が多いようです。

このように短期間で「出会い」と「別れ」を繰り返すというものは、精神的な負担を伴うことでしょう。

アプローチを断る勇気

自分からアプローチをすることもあれば、相手からアプローチをされることもあるでしょう。

もちろんですが、アプローチされても自分の好みではないこともあります。

相手のアプローチを断るのは気遣いしてしまうものです。時には「気が滅入ってしまう」という人もいます。


相手から断られる

自分からアプローチして、相手に断られるのも辛いですね。

男性から女性へのアプローチとは違い、女性が積極的に動いた方がデートに進む確率は高いようです。

相手に断られた場合は期待が大きい程、ショックの方も大きくなってしまいます。「断られるのが当たり前」と期待半分くらいの気持ちでアプローチした方がいいでしょう。

事情ある男性からのアプローチ

通常、婚活の場では若い女性に人気が集まり、年齢が高くなるほど不利となって行くものです。

そんな中で、アプローチをかけてくれる男性もいます。しかし、このような男性達には何かしら事情があることが多いようです。

もちろん問題のない人もいますが、もし近寄ってきた男性がいたのなら、少しだけ慎重になった方が良いかもしれません。

想定外の理由で断られて凹む

勇気を出してアプローチしたものの、想定外の理由で断られて凹んでしまうという人もいます。

とくに女性は年齢出産、ライフイベントに関する懸念が多かれ少なかれ生じてきます。

男性からストレートに断れてしまうことも少なくないので、事前に想定外の理由というのも頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク


周囲からのプレッシャー

いわゆる結婚適齢期になると親や友人、職場からも「結婚はしないの?」とプレッシャーをかけられることがあります。

強いプレッシャーに晒されていると精神的にも辛くなり、何より「自分のための婚活」が「誰かのための婚活」となってしまいかねません。自分を見失わないことです。

年齢という壁は想像以上に高い

20代は仕事に打ち込み、結婚は「30代になったら考えたい」という女性は結構多いようです。

月日が経過して行くのは意外に早く、また年齢という壁は想像以上に高いことを自覚しておきましょう。

いくらあなたが若く見えていても、いざ結婚となると男性は女性を探す際に年齢でフィルターをかけて検索するものです。

そうなると、そもそも目に触れることもなくマッチングすることは無くなってしまいます。

妥協ができなくなる

婚活女性に多いのが、婚活が長期化することで「ここまでやってきたのだから簡単には妥協したくない」という思いが芽生えてきます。

年齢を重ねる度に結婚を現実的に捉えるようになるため、相手への条件もシビアとなってくるのです。

そうなると大切な自分の気持ちが置き去りになるというリスクがあります。

スポンサーリンク

HOME