社会人サークルではじめる婚活
手軽に婚活スタート。身近な出会いがある。
婚活詐欺師
社会人サークルではじめる婚活 > いまどきの婚活事情 > 男女で存在する結婚詐欺師の特徴

男女で存在する結婚詐欺師の特徴

魅力的な条件で接近

結婚詐欺師という人達は、あなたにとって魅力的な条件で接近してきます。

例えば、男性をターゲットにした女性の結婚詐欺師なら、あなたより年下はもちろん、容姿端麗で女性的な魅力満載で近づいてくることでしょう。

逆に女性をターゲットにする男性の結婚詐欺師であれば、高学歴や高収入などハイスペックなステータスを持つ男性があなたに近づいてきます。

このように一度会って見たくなるような条件を並べて、あなたに近づいてくることが予想されるので注意です。

スポンサーリンク


恋人になって信頼させる

何度かデートを重ねて、性的関係を持つ事であなたは「相手を恋人である」と認識してしまいます。

結婚詐欺師は、まず恋人関係になる事で相手の信頼を得ようとします。

特に男性が注意すべきなのは、女性の結婚詐欺師が「嘘の妊娠」でお金を騙し取られるというケースが意外に多くあります。

結婚を意識させる発言が多い

結婚詐欺師は、付き合う前から子供の数や家族の生活の理想など、結婚を意識した発言を繰り返してきます。

やたら結婚を想像させるような発言をし、相手をその気にさせるのが狙いです。

さらに結婚を意識しているのだからと、相手の収入等の現実的な情報も聞き出そうとしてきます。

これは詐欺師はあなたの収入等の情報から「どれくらい騙し取れるか」を計算をしていることが予想されます。

結婚のためにお金が必要

詐欺師は結婚前に「お金がらみのハードル」を要求してきます。

例えば、家族の病気の医療費や会社の経営資金など、また、マンションの投資話という嘘の話を持ちかけてくるケースもあります。

「これを乗り切れば結婚できる」と弱気となり、ついお金を出してしまう人も少なくありません。

これでは詐欺師の思う壺となってしまうので注意してください。


写真に写りたがらない

基本的に詐欺師は、証拠を残す事を恐れて写真撮影を嫌がります。今後、詐欺行為を繰り返す上で写真が残ることは都合が悪いからです。

但し、詐欺師でなくても単なるシャイで写真に写りたがらない人もいます。

しかし、極端に写真に写りたがらない場合、総合的に判断して疑う必要があるかもしれません。

知人や両親に合わせない

結婚詐欺師はその設定の全てが嘘ですので、両親や知人にあなたを紹介することはしません。

稀に共犯者を知人と称して紹介し、あなたを信用させようとする詐欺師もいますが、知人の数は極端に少なくないはずです。※知人役が多いと詐欺師の取り分が少なくなるため。

とくに両親に会わせる事を「頑なに拒む」ような場合は疑ってみましょう。

形に残るような証拠は残さない

結婚詐欺師の最悪の結末は警察に捕まる事です。

最悪の事態を防ぐため、形として残るような証拠は極力残そうとはしません。一枚の写真、メモ書き等が彼らにとっての命取りとなりかねません。

極端に写真を拒んだり、お金の貸し借りを書面で交わさない等、証拠を残さないために詐欺師達はあらゆる工夫をしてきます。

交際に至るまでが早い

結婚詐欺師は詐欺を成立させるために、できるだけ早く結婚への話を運ぼうとします。何度も言いますが、詐欺師はあなたにとって魅力的な条件で近づいてきます。

予想以上に早い交際と展開に嬉しいあなたは、結婚を快諾してしまうかもしれませんが注意です。

交際前の関係性を築く期間も、あなたの身を守るための大切な期間だと思ってください。

免許証や証明書を見せない

詐欺師は素性が知れるのを恐れ、免許証やその他証書を見せるのを拒んできます。

財布を見られるのを極度に恐れる場合等には何か怪しいと疑いましょう。

スポンサーリンク

HOME